現代に息づく台湾素食ってどういうものなの?

国内にも台湾の美味しいスイーツや料理を楽しめるお店が続々進出しているので、現地に旅行しなくても有名なものは食べられるようになりました。しかし、まだまだ台湾の食文化の世界は奥が深いんですよ。台湾には素食というものがあります。お肉や魚を使わず、野菜や豆だけで作られる料理なので、いわゆるベジタリアン料理の一つだと考えればいいでしょう。現地でも健康志向が高まったことで、素食を提供してくれるお店が注目を集めているんですよ。台湾は日本からも近いので、海外旅行特有の解放感や心身のリフレッシュ感を手軽に味わうことができます。身体を優しくいたわってくれる素食を旅先でいただくことで、心も身体もデトックスしてみてはどうでしょうか。

五感で楽しめる素食とスイーツ

魚などに似せて作られたモドキ料理もあるので、精進料理と似たイメージを持たれる素食ですが、大きな違いとして盛り付けや見た目の華やかさなどがあります。彩りがきれいなので、野菜だけで作られた料理に不慣れな人でも、五感で楽しみながら味わうことができるように工夫されているんですよ。ボリュームたっぷりなコース料理を出してくれるお店から、量り売りしているリーズナブルなお店、ビュッフェ形式のお店まで様々なコンセプトのお店があるので、一回旅行しただけでは素食の世界を知り尽くすことはできません。最近では素食の概念を取り入れた、卵や乳製品を使わない今風のスイーツショップまであるので、お土産に選ぶと喜んでもらえます。